【違い】コールドプレスジュースとスムージー・他ジュースとの違い

美容やダイエット、クレンズ目的でコールドプレスジュースを飲もうと思っているけど・・・

スムージーとは何が違うの??

価格も、野菜ジュースなどより明らかに割高だし、本当に価格相応に良いジュースなのか・・・?

青汁野菜ジュースなどとの違いは?

一つずつ紐解き、コールドプレスジュースと他のジュースの違いを解説します。

スムージーとの違い

  • 製法の違い
  • 栄耀の違い

コールドプレスジュースとスムージーの違いとして最初に挙げられるのが「製法」です。

 

スムージーは、高速回転のジューサーを使用した「遠心分離製法」で作られたドリンクとなります。

一方、コールドプレスジュースは、低速回転のジューサーをした「低温低圧圧縮製法」で作られています。

 

製法を聞いただけでは何が違うのか分からないという人がほとんどですよね。

この2つの製法には「不溶性繊維の有無」といった大きな違いがあるんですよ。

スムージーは作る時にジューサーの刃を高速回転させます。

高速回転はどうしても熱が生じてしまいます。そこからさらに熱と空化が混ざり合ってしまうと食材の酸化が進んでしまいます。

残念な事にスムージーは、ジュースが完成するまでに素材の栄養の多くが失われてしまう事になります。

一方、コールドプレスジュースでは熱が生じないようにジューサーの刃をゆっくりと低速回転させています。

スムージーとは違い、熱が生じる事がないので食材が持つ栄養が壊れる心配がありません。

ジュースの中に食材の栄養をしっかりと閉じ込められるといったメリットがコールドプレスジュースにはあるんですよ。

栄養面ではコールドプレスジュースの方が優秀です。しかし、スムージーにはスムージーにしかない魅力ももちろんあります。

 

それが「満腹感」です。

コールドプレスジュースは栄養を多く含んだ果汁ジュースなので飲んでも空腹を満たす事は出来ません。

一方、スムージーは食材を砕いてジュースにしているので飲んだだけでもしっかりと満腹感が得られます。

短時間でサッと飲んでしっかりと栄養を補給したい時はコールドプレスジュース、空腹感を満たしたい時はスムージーといった使い分けも出来ます。

価格の違いとしては、コールドプレスジュースの相場が「800円~1000円」、スムージーが「300円~500円」とスムージーの方が価格が安い傾向があります。

価格帯は違いますが、どちらも不足しがちな栄養を補える、美容や健康維持に期待が出来るという女性には嬉しい共通点があります。

しかし、同じ量のドリンクを飲んだ際の栄養吸収率はコールドプレスジュースの方が高くなっています。

食材の栄養をしっかりと体内に吸収する等、効率やコスパを考えた場合はコールドプレスジュースの方が優秀だと言えるでしょう。

市販の野菜ジュースとの違い

コールドプレスジュースと野菜ジュースの違いは「加熱・殺菌処理」です。

市販の野菜ジュースは製造方法は違っても、ほとんどの商品が「加熱・殺菌処理」を行っています。

フルーツや野菜に含まれるビタミンCや酵素が熱に弱い事は有名ですよね。

加熱・殺菌処理をしてしまうと、野菜ジュースから補給しようと思っていた栄養や酵素がなくなってしまいます。

また、あまり知られていませんが、野菜ジュースの中には失われたビタミンを補うために人工のビタミンが添加されている商品も存在します。

天然ビタミンと人工ビタミンでは、全く違う働きをするという驚きの研究結果もあります。

素材が持つ天然の栄養や酵素を取り入れたいという人にはコールドプレスジュースの方がおすすめです。

価格の違いは一目瞭然ですよね。市販の野菜ジュースはコンビニやスーパーで簡単に購入する事が出来ます。

価格のリーズナブルさや手軽さは野菜ジュースの方が優秀です。

青汁との違い

コールドプレスジュースと青汁の違いで真っ先に思いつくのが「味」ですよね。

青汁は、ケールを中心とした野菜を絞ったドリンクで、ジュースというよりは苦い飲み物といったイメージを持っている人が多いと思います。

まさに、その通りで青汁は苦味が強い野菜が原材料となっています。

一方、コールドプレスジュースは青汁とは異なり、使用する食材に決まりがありません。

甘くて美味しいフルーツを中心に飲みやすい味に仕上げられるといった魅力があります。

もちろん、苦くならない程度に野菜を入れる事も出来るので、味と栄養のバランスが取りやすくなっているんですよ。

栄養面でも大きな違いがあります。

それが「ポリフェノールの有無」です。

コールドプレスジュースは、フルーツをメインとしているので果物が持つポリフェノールが豊富に含まれています。

しかし、青汁はポリフェノールを含んでいません。その代わりに、ケールやほうれん草といった青汁にしか含まれていない野菜の栄養がしっかりと摂れるようになっています。

価格での比較になると、青汁は「150円~500円」と販売している会社によって幅がありますが、コールドプレスジュースよりも安価だと言えます。

酵素ドリンクとの違い

ダイエットや美容目的で飲用されるドリンクの代表として人気となっているのが「酵素ドリンク」です。

まれにコールドプレスジュースと混同している人もいますが、違いとして「製造方法」が挙げられます。

酵素ドリンクは、今まで紹介してきたドリンクとは全く異なる作られ方をしています。

野菜やフルーツといった原材料が持つ酵素や菌を微生物の働きによって発酵させた植物由来の発酵飲料となっています。

酵素を摂取するためのドリンクだという勘違いをしている人も多いですが、実は「酵素の働きによって作られたドリンク」という事なんですよ。

酵素ドリンクは、微生物の働きを活かして作られた飲料なので健康維持に効果が期待する事が出来ます。

腸内環境を整えるといったコールドプレスジュースと同じ効果もありますが、特筆すべきポイントは「太りにくい体質が手に入る」といった点でしょう。

酵素ドリンクを飲むと、消化や代謝がスムーズになり1日の総消費カロリーがアップします。

その結果、普段と同じ生活をしていても自然と脂肪が付くにくい、痩せやすく太りにくい大切を体に入れられます。

価格は、コールドプレスジュースと同程度の商品が多い傾向があります。

各ジュースの使い分けとおすすめできる人

コールドプレスジュースがおすすめな人

コールドプレスジュースは、美容・健康効果に即効性を求める人におすすめです。

高い吸収率が特徴のコールドプレスジュースは、短期間でしっかりと美容・健康効果を実感する事が出来ます。

ジュースクレンズ実践者の声でもあるように、コールドプレスジュースはすぐに体に変化が現れた!というような口コミが多いです。

また、プチ断食で胃腸を休ませる「ジュースクレンズ」を検討している人にもピッタリです。

スムージーがおすすめな人

不溶性の繊維を含むスムージーがおすすめなのが「ダイエット中だけど、満腹感は得たい」という人です。

コールドプレスジュースと同様に野菜不足を解消するといった目的を果たしながら、胃袋を満たしているという満足感も得られます。

本格的なダイエットの準備として、スムージーを飲むといった活用方法も人気なんですよ。

市販の野菜ジュースがおすすめな人

市販の野菜ジュースがおすすめとなるのが「日常に野菜を取り入れたい」という人ですね。

他のドリンクと比べると摂取出来る栄養が少し心もとないといった特徴があります。

しかし、リーズナブルな価格でどこでも購入出来るといった手軽さが魅力となっています。

最近、野菜を食べていないなと感じている人におすすめのドリンクです。

青汁がおすすめな人

苦くて飲みづらい青汁ですが、「じっくりと体の内側から健康的になりたい」という人に飲んで欲しいドリンクです。

美容・健康効果を実感するまでに少し時間はかかりますが、野菜から得られる豊富な栄養でしっかりと健康的に綺麗になれますよ。

酵素ドリンクがおすすめな人

酵素ドリンクをおすすめしたい人は、「ファスティング」を検討している人です。

固形物を食べる事が出来ないファスティング期間でもしっかりと栄養を摂取する事が出来るといった魅力があります。

また、食事で太る事を防ぎたいという場合に、普段の食事と一緒に酵素ドリンクを飲む事もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です