ジュースクレンズの回復食は必要?食べるべきメニューと過ごし方のポイント

回復食を摂取する意味は?なぜ必要?

ジュースクレンズでのファスティング後には、必ず「回復食」を摂取する必要があります。

「ファスティング後は好きな物を食べたい!」「胃腸は丈夫だから平気!」といった声も確かにあります。

しかし、ファスティング後、いきなり普段の食事に戻してしまうと、せっかくジュースクレンズで体内の老廃物をスッキリさせた効果が全て台無しになってしまうんですよ。

ファスティング後の回復食には「胃腸・内臓に負担をかけずに消化を慣らしていく」「リバウンドを防ぐ」といった2つ効果があります。

ファスティング後に体調を崩さない、逆に太らないために回復食は必要だと言えるでしょう。

どれだけ頑丈な胃腸を持っている人でも、ファスティング後は必ず回復食から食事を再会していってくださいね。

回復食は何を食べればいい?

回復食の選び方ポイント

回復食の選び方のポイントは、ズバリ「消化に良いもの」です。

特に、2~3日と長い期間ファスティングをした人は、1日目の食事には気を付けなければいけません。

空っぽになった胃を満たすために、たくさん食べたいと思う人も多いと思いますが、まずは「胃腸に負担をかけない」事を目的とした食事メニューを考えてみてください。

次に大切となるポイントが「質の良い栄養を摂取」です。

ファスティング後の体内は、低栄養状態になっています。栄養の吸収率が普段よりも高くなっているので質の良い栄養を摂取する事で体全体に栄養を行き渡らせる事が出来るんですよ。

ここで、糖質や脂質といった太る原因になる栄養素を摂取してしまうとたちまち体内に吸収されて脂肪になってしまうので注意してください。

回復食の基本は「消化に良く、栄養があるもの」と覚えておきましょう。

ゆっくりと固形物や味付いているもの等、徐々にステップアップしながら普段の食事に戻していきましょう。

具体的な食材と料理

ファスティング後、1回目の回復食として推奨されているのが「重湯」と「具のない味噌汁」です。

生米1に対して水10の割合で鍋の中に素材を入れて沸騰させた後、弱火にしてから中身を混ぜてさらに30分煮込みます。最後にご飯粒が入らないように上澄みだけを取ったものが「重湯」です。

上澄みだけを取るのが苦手な場合は、ガーゼに入れて濾してもOKです。重湯に満腹感や味はありませんが、胃にかかる負担を抑えられます。

重湯を作るのが面倒だという人は、具のない味噌汁を飲みましょう。体の芯から温まりながら、程良い味噌の香りや塩分を味わう事が出来ますよ。

2日目以降は、柔らかい食材を使用したメニューを食べても問題ありません。

多めの水分で作ったお粥や柔らかく煮込んだ野菜・豆類のスープがおすすめです。

3日目になると、普段の食事より多少優しい味付けの料理を食べられるようになります。

蒸した野菜類や湯豆腐といった満腹感を味わえる料理を食べて胃を満たしてください。

それ以降も和食を中心に徐々に味の濃い料理や脂っこい料理にチャレンジしながら普段の食事に戻りましょう。

食べるのはNGなもの

回復食でのNG食材は「胃に負担がかかるもの」です。

代表例を挙げると「お肉・お魚・揚げ物・刺激物」となります。

回復期間中に上記の食材を食べてしまうと胃腸に負担がかかってしまい、胃痛や腹痛を引き起こしてしまいます。

上記でも解説した通り回復期間中は栄養の吸収率が普段よりも高くなっているので太ってしまう原因にもなります。

「太りやすい食材・料理」というイメージすると判断しやすいですよね。

また、見落としがちとなるのが「動物性タンパク質」です。

回復期間中は、胃腸の働きが万全ではなく動物性タンパク質を摂取してしまうと消化不良を起こしてしまいます。

回復期間中にタンパク質を摂取したいという場合は、大豆等の「植物性タンパク質」を選択すると良いでしょう。

回復食はどれくらいの期間食べる?

回復食を食べる期間は、ファスティングの期間によって少しずつ異なります。

1日だけのファスティングは、ファスティング直後の1日で大丈夫です。重湯や具のない味噌汁を中心にゆっくりと胃腸の働きを正常化させていってください。

2日間のファスティングの回復期間は、翌日と翌々日の昼食までがベストとなっています。2日目の朝食・昼食にお粥や蒸した野菜を食べた後に胃腸に違和感がなければ夕食からはアッサリとした味付けの固形物ならを食べてもOKです。

3日間のファスティングは、回復期間が最も長くファスティング終了後から3日間は、回復食を食べる事になります。

ファスティングの期間が長いとその分、胃腸や内臓のお休み期間も長くなるので、正常な働きに戻るのにも時間がかかります。

ファスティング終了後2日目から食欲が増すという人も多いですが、油断せずゆっくりと回復食で胃腸を労ってあげてくださいね。

回復期間中の過ごし方ポイント

水分をしっかりと取る

回復期間中は、しっかりと水分を取るようにしましょう。

ファスティング中に大量の水を飲んでいる事から乗り気になる人はあまりいないと思います。

しかし、水分を取らないと老廃物が溜まりやすくなる等、ジュースクレンズの効果が薄れてしまいます。

1日2Lを目安にしっかりと水分を取るようにしましょう。

回復食はゆっくりとしっかり噛む

回復食を食べる時は、焦らずゆっくりと噛む事が大切なんですよ。

よく噛む事で唾液の分泌を促せます。唾液にはデンプンの消化を助ける「アミラーゼ」という消化酵素が含まれています。

よく噛んで食事をする事が胃腸への負担の軽減に繋がります。

普段からよく噛んで食事をしている人もいつも以上に意識してみてください。

激しい運動はせずにリラックス出来る環境で過ごす

ファスティング直後の体は低栄養状態となっています。

その状態のままランニングや筋肉トレーニングを行うと栄養不足が原因で体調を崩してしまう可能性があります。

回復期間中は、激しい運動を控えてリラックス出来る環境でゆっくりとした時間を過ごしましょう。

回復期間が終わって、普段の食事に戻ってから運動を再開してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です